コンビニ 一部店舗で休業続く 九州・中国・四国など

経済・ビジネス 社会 文化


台風10号の影響で、コンビニの一部店舗で休業が続いている。

7日午後5時現在で、セブンーイレブンは、九州7県と四国4県などであわせて889店舗が休業している。

ファミリーマートは九州7県と広島県、山口県であわせて335店舗、ローソンは九州7県と山口県、愛媛県であわせて339店舗がそれぞれ休業となっている。

店舗の浸水などの大きな被害は確認されていないということで、準備が整った店舗から順次営業を再開していくという。

一方、携帯電話では、大手3社とも九州や中国、四国の一部の地域でつながりにくい状態となっている。

また、山陽新幹線と九州新幹線は、8日始発から通常運転が再開される。

一方、特急列車の一部は、8日も始発から運休となっています。

(フジテレビ)

(テレビ西日本)

(FNNプライムオンライン9月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース