自民総裁選8日告示 3氏が支持訴え 「合流新党」は代表選告示

政治・外交


自民党総裁選挙は、8日の告示を前に菅官房長官、岸田政調会長、石破元幹事長が支持を訴え、動きを活発化している。

菅官房長官「総裁選挙に立候補して、その陣頭指揮を私がやらせていただきたい」

菅氏は7日午後、自民党の東京都議団を訪れ、支援を求めた。

岸田政調会長「自民党オールスターチームを作り、それぞれのメンバーを輝かせるリーダーになるべく努力したい」

岸田氏は、自民党本部から、兵庫・神戸市で行われた会合にリモートで参加し、支持を訴えた。

石破元幹事長「選挙は長くやっているが、ふたを開けてみなければわからない」

石破氏は、自民党議員の国会事務所を回り、支持拡大に努めた。

自民党総裁選は、8日に告示され、3候補の共同記者会見などが行われる。

一方、野党が合流して結成する新党の代表選挙が告示され、国民民主党の泉健太政調会長と、立憲民主党の枝野幸男代表が立候補を届け出た。

国民民主党・泉政調会長「追及、批判だけではない、政策を伝えられる野党、これを目指して私、泉健太、頑張ります」

立憲民主党・枝野代表「リアリズムをもって、今の政権としたたかに戦う。そして、政権をとっていく、その先頭に立たせていただきたい」

合流新党の新しい代表は、10日に選出される。

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース