自民党総裁選 告示 選挙戦スタート 石破 vs 菅 vs 岸田

政治・外交


自民党の総裁選挙が告示された。

石破元幹事長・菅官房長官・岸田政調会長の3人が立候補の届け出を行い、三つどもえの選挙戦がスタートした。

候補者の届け出は、自民党本部で8日午前10時から始まり、3陣営の代表者が20人の推薦人名簿とともに立候補を届け出た。

その後、代表者がくじ引きを行い、石破氏・菅氏・岸田氏の順番で届け出が受理された。

新しい自民党の総裁は、来週14日に選出される。

届け出を終えた各陣営は8日午前、出陣式を行った。

石破元幹事長「新しい日本を作る。そのために全身全霊を尽くして、この戦いに挑みたい」

菅官房長官「この国難で政治空白を作ることができない。熟慮に熟慮をして、私自身決心した」

岸田政調会長「候補者として、皆さんの思いを、力を一身に集めて、この戦いに臨んでいく所存であります」

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース