外食・飲酒 大幅ダウン 7月の家計調査

経済・ビジネス 暮らし


1人暮らしを除く世帯が消費に使った金額は、10カ月連続で減少した。

総務省が発表した7月の家計調査によると、1人暮らしを除く世帯が消費に使った金額は、26万6,897円で、物価変動を除く実質で、前の年の同じ月を7.6%下回り、減少幅は、6月の1.2%から大幅に広がった。

感染が再び拡大する中、外での食事や飲酒代の減少が続く一方、巣ごもり需要を受けて、即席麺やチーズなどへの支出が増えた。

(FNNプライムオンライン9月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース