豪州の記者2人 中国を緊急出国 関係悪化で拘束おそれ

国際


中国と関係が悪化しているオーストラリアの記者2人が拘束をおそれ、中国を緊急出国。

中国から帰国したのは、北京と上海に駐在していたオーストラリア人記者2人。

中国の警察が3日夜、2人のもとを訪れ出国禁止を告げ、事情聴取を求めたため、オーストラリア政府が保護し、2人の帰国を支援したという。

中国では、国営テレビに務める中国系オーストラリア人の女性キャスターが、「国家安全に危害を与える犯罪に関与した疑い」で当局に拘束されている。

帰国した記者の1人は、女性キャスターについても聴取を受けたとしている。

中国とオーストラリアは、新型コロナウイルス発生源の調査などをめぐり、関係が悪化していて、オーストラリア政府は、「恣意(しい)的に拘束される可能性がある」として中国に渡航しないよう国民に呼びかけている。

(FNNプライムオンライン9月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース