菅氏 初めて自ら議員回り 石破氏 岸田氏は地方票

政治・外交


安倍首相の後継を決める自民党総裁選は、告示から一夜明けた。3候補は、それぞれの戦略のもと、動きを活発化させている。

菅官房長官は9日午前、本人が初めて自民党議員の国会事務所回りを始め、支持拡大を訴えた。

また、二階派の議員から、激励を受けた。

一方、石破元幹事長は埼玉県で、岸田政調会長は茨城県でそれぞれ支持を訴えた。

石破元幹事長「最後まで全身全霊、自分のためではない、日本のために、次の時代のために全力で戦ってまいります」

岸田政調会長「最後まで、国民の皆さん、党員の皆さん、お1人おひとりに向き合いながら、私の思いを訴えていきたい」

両候補とも、地方票の掘り起こしを目指し、活動を活発化させている。

3候補は9日午後、自民党青年局と女性局が主催する公開討論会に臨む。

(FNNプライムオンライン9月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース