土砂崩れ 不明4人捜索急ぐ 迫る“72時間”

社会


宮崎・椎葉村で4人が安否不明となっている土砂崩れ現場での捜索は3日目となり、、9日も、午前7時からおよそ260人規模での捜索が行われている。

捜索3日目の9日は、午前7時ごろから警察や消防、大阪府警の広域緊急援助隊など、およそ260人態勢での捜索が行われている。

引き続き、重機などを使って、土砂の撤去や、川の捜索も現場付近から諸塚村の塚原ダムまで、8日より範囲を広げて行われる。

9日午後8時には、生存率が下がるといわれる、発生から72時間を迎えるため、現場では懸命な捜索活動が続いている。

(FNNプライムオンライン9月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース