厳しい残暑 関東でも猛暑日 秋はどこに? 街で“涼”発見

社会 暮らし


9日も関東で気温が35度を超えるなど、季節外れの厳しい暑さが続いている。

一方、広い範囲で大気の状態が不安定に。
ゲリラ雷雨への警戒が必要。

9日午後1時ごろに福島・中島村で撮影された映像には、大粒の雨が屋根に激しく打ちつける様子が。

9日は上空の寒気の影響で、広い範囲で大気の状態が不安定になり、各地で突然の雨に見舞われた。

午後0時半ごろの鳥取・米子市では、急に強い雨が降り出し、車のワイパーを最大限にしても前が見えにくい状況になっていた。

一方で、9日も北日本や東日本を中心に真夏並みの暑さになった。

全国で最も気温が上がったのは、千葉・市原市。
最高気温35.4度に達した。

青森市では、平年より8度以上も高い、最高気温33.5度を観測。

青森市では、「体にこたえるし、去年からみればすごいもんね」、「(毎年9月はこんなに暑かった?)青森は暑くないです」などの声が聞かれた。

秋の訪れを感じさせるところも。

青森市郊外では、ススキが見頃となるなど、秋の景色となっているが、気温は33度と真夏並みの暑さ。

そんな中、東京都心のあるお店では、常識破りの「ひんやりメニュー」が予想を超える大ヒット。

人々の喉と胃袋を満たしていた。

9日、特に気温が上がったのは関東地方だった。

東京都心の最高気温は33.6度。

港区にある東京ミッドタウンでは、遊歩道の一部およそ160メートルでミストを噴射。

涼しげなミストが降り注ぐ中、わんちゃんも軽やかにお散歩。
残暑が続く中、うれしい「ひんやりサービス」。

女性「(子どもが)暑いと思います。保冷剤とかを背中につけたりはしている。(ミストは)すごく気持ちいいです、冷たくて」、「暑さを忘れられて気持ち良かったです」

東京ミッドタウンマネジメント タウンマネジメント部・手塚雅也さん「非常に暑い日が続いておりますので、22日までの延長となりました」

13日までの予定だったミストのサービスを、9月22日まで延長。

しばらくは都心の「涼」を楽しむことができそう。

さらに、ひんやりサービスの延長はこんなところでも。

日本橋で販売されていたのは、飲む茶わん蒸し。

利用客「すごくおいしい! おだしの香りが冷たいですね」

卵とかつお節のだしをあわせた、本格茶わん蒸し。

これを冷たいドリンク感覚で味わえる「ひんやりメニュー」にアレンジした。

残暑が続いたため予想外の大人気となり、想定の300%超えという、まさに爆売れ状態。

にんべん 広報・中村拓美さん「8月末までの販売だったが、9月末まで販売延長」

この暑さは、関東では週末いったん落ち着きそうだが、来週前半にかけて曇りや雨が続く見込み。

まだ、蒸し暑い日々が続くとみられる。

(FNNプライムオンライン9月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース