18、19歳厳罰化案 法制審部会が承認 実名報道も可能

政治・外交


少年法の適用年齢について議論してきた法制審議会の部会は、18歳と19歳の厳罰化を盛り込んだ法改正の案を承認し、近く、森大臣に答申する見通し。

部会は、成人年齢の引き下げに合わせて少年法の適用年齢も20歳から18歳に引き下げるか、3年半議論してきたが、引き下げの判断については見送り、全件を家庭裁判所に送致する今の少年法を、大枠で維持する案を取りまとめた。

そのうえで、18歳と19歳については、成人と同じ刑事責任を問う犯罪の対象に、強盗や強制性交などを加えたり、起訴後の実名報道を可能とする厳罰化案を盛り込んだ。

(FNNプライムオンライン9月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース