女性活躍、少子化対策めぐり論戦 自民総裁選で公開討論

政治・外交


自民党総裁選。
3人の候補が、女性の活躍や少子化対策をめぐり、論争を繰り広げた。

石破元幹事長「納得と共感を掲げた。そういう日本をつくりたい」

菅官房長官「最優先が日本経済の再生。社会保障を充実させる」

岸田政調会長「多様性があり、包容力のある社会をつくっていきたい」

9日午後、自民党の青年局と女性局が主催する公開討論会に臨んだ3候補。
女性の活躍や少子化対策などをめぐり、論戦を繰り広げた。

「あらゆる立場に置かれている女性が、しっかりと活躍するにはどうしたらよいか」という質問には...。

岸田政調会長「女性政策の予算が、世界の平均の半分以下という状況にある。出産費用についても、思い切って支援を行うことにより実質ゼロにする」

石破元幹事長「男性の家事分担率18%、先進国最低。これを変えていかないと、どうにもならない。どう解決するのかということに、女性の方々の最大限の知恵を借りたい」

菅官房長官「幼稚園・保育園・大学・専門学校の無償化も、子育ての経済負担を軽減し、女性が活躍する一助になるのではないか」

少子化対策については...。

石破元幹事長「出生率が一番低いのが東京。世界のいろんな事例に学んで、できることはたくさんあるはず。地方創生が大事だと思う」

菅官房長官「子どもを産むことのできるハードルを下げるべき。不妊治療の保険適用を実現したい」

岸田政調会長「育休等の環境整備、保育所の受け皿の整備。街づくりの観点からも、少子化を考えないといけない」

そして、「人柄を知る一助として、自身を歴史上の人物に例えると誰?」という質問には...。

菅官房長官「魅力を感じる人物はたくさんいるが、具体的に自分をどの武将に例えるかということは、なかなか難しい」

岸田政調会長「徳川家康に共感を得た部分、時代もあったが、時代を大きく転換させる政治家として、池田勇人総理。わたしは、そうありたいと思う」

石破元幹事長「わたしは明智光秀とか、あるいは石田三成とか、自分はそうありたい。例えどのように迫害を受けても、次の時代に評価をされる。それはとてもありがたいこと」

FNNの取材では、菅官房長官が国会議員票の7割以上を固めるなど、優位な情勢。

こうした中、総裁選後の政権運営や人事に向けて、岸田・石破両氏は、どのように存在感を示すのか。

陣営同士の駆け引きが活発化している。

(FNNプライムオンライン9月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース