スマートシティへ 最先端ビル公開 東京・竹芝エリア

経済・ビジネス 技術


東京の竹芝エリアに、スマートシティへとつながる最先端のビルが公開された。

ソフトバンク・宮内謙代表取締役社長「最先端のテクノロジーを体験できる場所にするという意味で、竹芝を盛り上げていく」

9日、報道陣に公開されたのは、9月14日に開業する、東京ポートシティ竹芝。

敷地内に、スマートキーなど最新設備を備えたレジデンス棟も有する、都心のスマートシティ。

スマートシティとは、最先端の情報通信技術などを駆使し、生活インフラやサービスを効率的に管理し、環境に配慮しながら、人々の生活の質を高める新しい都市のこと。

都心のオフィスビルが抱える課題の解消を目指す、竹芝のスマートシティ。

ビルの中では、警備ロボットや配達ロボット、お掃除ロボットなど、至るところに、さまざまなロボットが。

来館者向けのディスプレーには、飲食店の空き状況や、現在のトイレの空き部屋数まで表示されている。

地上40階建てのオフィスタワーには、1,000台を超えるセンサーやAIカメラを設置。

ビル内の混雑状況がリアルタイムでわかるため、都心のオフィスビルが悩まされてきた混雑を解消できるほか、オフィスの入場ゲートは顔認証でエレベーターの行き先を判別し、自動的に振り分けることで渋滞を解消する。

また、エレベーターは、ウィズコロナの時代に合わせ、仕様を変更した。

東急不動産 都市事業本部 ビル事業部・仲神志保部長グループリーダー「元々は、たくさん載せてたくさん運ぶことを計画していたものを、逆に、密になっていないかどうかを見るセンサーに切り替えた」

このほか、お天気情報や人の流れ、交通状況、イベント情報などとも連動し、竹芝地区に滞在する人が求める最新の情報を常に提供し、より豊かな生活を支援。

竹芝で得たノウハウは、今後、ほかのスマートシティにも生かすとしている。

東急不動産 都市事業本部 ビル事業部・仲神志保部長グループリーダー「管理手間を減らしていき、将来的にはコスト削減につなげることができると考えている」

このオフィスタワーには、ソフトバンクグループの本社も移転が決まっていて、ビル内に5Gネットワークを整備し、超高速大容量を生かした最先端技術で、さらなる効率化や快適な環境整備を目指す。

(FNNプライムオンライン9月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース