土砂崩れ 72時間経過 川の捜索も 宮崎・椎葉村

社会


台風10号の影響で、宮崎・椎葉村で土砂崩れが発生し、4人の行方がわからなくなってから、生存率が下がるといわれる72時間がたった。

10日も懸命の捜索が続けられている。

行方がわからなくなっているのは、建設会社の社長の妻・相生勝子さんと息子で専務の泰孝さん、ベトナム人技能実習生のチャンコンロンさんとグエンヒュートアンさんのあわせて4人。

10日も午前7時から4日目の捜索が始まり、ボートを使って川の捜索も行われている。

9日までの捜索では、土砂崩れ現場の下流で、自宅にあったと思われる衣類や靴などが見つかっている。

(FNNプライムオンライン9月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース