元なでしこジャパンFW・永里優季選手 男子リーグ挑戦“歴史的”移籍

スポーツ


なでしこジャパンのレジェンドが、異例の挑戦。

元なでしこジャパンのエースストライカー・永里優季選手(33)が、男子のチームである神奈川県2部リーグ「はやぶさイレブン」に期限付き移籍。

入団会見を行った。

永里優季選手「ずっと昔から、いつか男子のチーム、リーグでプレーしたいという思いがあって、まったくできないというイメージは頭になく、男性相手でも戦えるんじゃないかというイメージは持ってます」

永里選手は、日本代表通算58ゴール。

2011年のワールドカップ優勝や、ロンドンオリンピック銀メダル獲得にも貢献した。

世界のサッカー界を見回しても異例の挑戦。

所属していたシカゴ・レッドスターズでは、「永里が歴史を作る」と公式ホームページで大きく伝えている。

今回のチャレンジを通じ、永里選手が訴えたいこととは...。

永里選手「男性のチームに入って、女性も活躍できる、そこに挑戦できる、1歩踏み出すことの楽しさを伝えていけたらいい」

(FNNプライムオンライン9月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース