伊勢谷友介容疑者出演映画 カットせず上映 吉永小百合「報道知って残念...」

文化


大麻取締法違反で現行犯逮捕された、伊勢谷友介容疑者(44)。

逮捕の2日前に撮影に参加していた吉永小百合さん(75)出演の映画は、出演シーンをカットすることなく公開すると発表された。

吉永小百合さん「伊勢谷容疑者とは初共演ですが、2人で対峙(たいじ)してセリフの応酬が結構しっかりしたシーンになっていて」

女優の吉永小百合さんが、伊勢谷友介容疑者について言及したのは、吉永さんの主演映画「いのちの停車場」の記者会見。

豪華キャストも出席した。

会見の前には、取材陣全員にPCR検査が行われた。

迅速に結果が出るPCR検査の受診を出席者に義務づけるなど、感染防止が徹底して行われた。

映画では、吉永さんが初めて医師役を演じ、伊勢谷容疑者も患者役で出演。

伊勢谷容疑者は、逮捕2日前の6日、撮影に参加。

吉永さんとの共演場面など、出演シーンを撮り終えた。

吉永さん「わたしは、伊勢谷容疑者と共演して、いいシーンが撮れた。お互いに思いや、いろんなものがぶつけられて、たぶんきちんと撮れていると思ってる」

映画の公開や、伊勢谷容疑者の出演シーンなど、対応が注目されたが、制作・配給を担当する東映の代表取締役・手塚治社長は「作品と個人とは別のものという東映の見解のもと、今回は作品を守る判断をした」と話し、伊勢谷容疑者の出演シーンをカットすることなく公開することを発表した。

吉永さん「今回のことを報道で知って、とても残念な思いでいますし、事実がわからない部分があるけど、なんとかこういうことを乗り越えて、また撮影現場に帰ってきてほしいと今思ってます」

(FNNプライムオンライン9月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース