Go Toトラベル 東京10月から 小池都知事は“上乗せ”要望

政治・外交 社会 暮らし 医療・健康


11日に行われた、政府の新型コロナウイルス対策を話し合う分科会。
「Go Toトラベル」の東京発着の追加に、早くも都民の期待が高まる一方、観光地には戸惑いも広がっている。

西村経済再生相「東京発着の旅行につきまして、10月1日以降に開始する旅行からGo Toトラベル事業の対象とするという方針について、観光庁から提案をさせていただきたい」

政府は、Go Toトラベルについて、これまで除外していた東京都民および都内への旅行を、対象に加える方針。

分科会で了承されれば、10月1日から追加される見通し。

すでに10月以降の東京発着旅行を予約している場合は、いったんキャンセルしたうえで、今後発売される割引商品を、あらためて購入する必要があるという。

一方、小池知事が政府に求めていたのが、開始が遅れていた都民らへの割引上乗せ措置。

これに対し、赤羽国交相は「現場の取り扱い上、難しい」としながらも、「必要があれば、そうした特別な対応も検討していきたいと考えている」と述べ、小池知事の要望に応える特別措置に含みを持たせた。

秋の行楽シーズンを前にした“東京追加”に、都民からは期待の声が上がっている。

東京都民は「今まで制限されていたので、期待はしています」、「行くとしたら、温泉行きたい!」などと話した。

一方、観光地側は、どう受け止めているのか。

まもなく紅葉シーズンを迎える、栃木・日光市で話を聞いた。

土産物屋さん「賛成ですね、もちろん。うちは東武日光駅の駅前でしょ。電車のお客さま、ほとんどいないので」

男性「今の時点じゃ観光地はお手上げだから。来てもらわなくちゃいけない反面、怖い気持ちがあるんだよね」

東京では11日も新たに187人の新型コロナウイルスへの感染が確認され、今後の感染状況への不安は残ったままとなっている。

和菓子屋さん「毎日(東京感染者)200人ぐらい出て、どうかなと思う」

実は日光では、Go Toトラベル開始以降、ある異変が起きているという。

地元の石材を贅沢に使った、ハイグレードホテル「日光西町倶楽部~あらとうと~」。

日光西町倶楽部~あらとうと~・加藤一郎統括支配人「こちらの部屋が、一番人気がある別邸の部屋になります」

ラグジュアリーな空間が広がる客室は、1泊2食付きで5万7,200円と高額だが、Go Toトラベルを利用すれば4万3,200円(税込み)になり、9月中はほぼ満室。

日光西町倶楽部~あらとうと~・加藤一郎統括支配人「8月全体で見ると、(去年に比べ)2~2.5倍くらいのお客さまがお見えいただいた。Go Toトラベルキャンペーン経由の方も増えてきています」

紅葉シーズンを迎える10月も、すでに土日は4割ほどの予約が入っているという。

一方、Go Toトラベルの恩恵をあまり受けられていない施設も。

地元の新鮮な食材を使った料理が自慢の、アットホームな雰囲気のペンション「森のうた」。

最も安いプランは1泊2食付きで8,800円、Go Toトラベルキャンペーンを使えば5,720円(税込み)とかなりリーズナブルだが。

森のうた・岩崎正枝さん「(客数は)前年比で1~2割というところ。期待値としては、もうちょっと高かったというところはありますね」

Go Toトラベルが始まったことで、利用客が“お得度”の高い、比較的高額なホテルに流れてしまっているという。

森のうた・岩崎正枝さん「これから紅葉シーズン始まりますし、10月から東京の方もGo Toトラベルに参加されるということで、期待していきたい」

Go Toトラベルの東京追加は、今後の観光業にプラスの変化をもたらすことになるのか。

(FNNプライムオンライン9月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース