女優の芦名星さんが死去 36歳…自宅マンションで発見

社会 文化

数多くのドラマに出演する女優の芦名星(36)さんが自宅マンションで亡くなっていることが9月14日わかった。36歳だった。

所属事務所によりますと、女優の芦名星さんが14日午前、東京・新宿区の自宅マンションで亡くなっているのを親族が発見して通報したといい、死因についてはまだ不明。

芦名さんは、2002年にモデルでデビューし、その後、女優としてドラマに出演。大河ドラマ「八重の桜」や「救命病棟24時」、「相棒」、「テセウスの船」といった多くの話題作に出演していた。
 


(FNNプライムオンライン9月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース