藤井二冠の“封じ手” あわせて1500万円超える

社会 文化


藤井二冠の「封じ手」が、あわせて1,500万円を超えた。

日本将棋連盟は、8月までに行われた王位戦で、藤井聡太二冠と木村一基前王位が書いた第2局から第4局の「封じ手」3通を、オークションサイト「ヤフオク!」に出品した。

藤井二冠が初めて経験した第2局の封じ手は、14日午後5時現在で500万円を超え、王位を奪取した第4局の封じ手は1,000万円を超える高値がついている。

オークションは20日の午後9時まで開かれ、収益は7月に起きた九州豪雨の被災地へ寄付される。

(FNNプライムオンライン9月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース