菅新総裁 改革への意気込み語る 「国民のために働く内閣」

政治・外交


菅義偉自民党新総裁が、「国民のために働く」と政権運営への意欲を語った。

少し緊張した面もちで、自民党総裁室のいすに腰を下ろした菅義偉新総裁。

菅義偉新総裁「(いすの座り心地は?)あまりにも良すぎて、落ち着かない」

14日に行われた自民党総裁選では、大差をつけ新総裁に。

安倍晋三首相「自民党総裁のバトンを、菅義偉新総裁に渡します」、「令和時代に最もふさわしい自民党の新総裁ではないでしょうか」

午後6時から始まった記者会見。
その冒頭で語ったのは、改革への意気込み。

菅義偉新総裁「役所の縦割り、既得権益、そして前例主義、こうしたものを打倒して、規制改革をしっかり進めていきたいと思う」、「そして、国民のために働く内閣をつくっていきたい」

菅氏は、「新型コロナの感染が拡大する中で、政治空白を作ってはならない。安定・安心の生活を取り戻す」などと、政権運営の決意を語った。

また、「コロナ禍で浮き彫りになったのは、デジタル関係が機能しなかったこと。思い切ってデジタル庁をつくる。法改正も早速やってきたい」と発言。

自民党役員、閣僚人事については、「規制改革、ここは徹底してやりたいと思っているので、改革意欲がある人」、「いろんな派閥に散らばっているので、そうした観点から、そこは登用していきたい」と述べた。

一方、衆議院の早期解散については、「せっかく総裁に就任したわけだから、仕事したいなと思っている」、「(新型コロナが)収束したらすぐやるというわけでもないと思う。全体を見ながら判断したいと思う」と述べた。

(FNNプライムオンライン9月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース