党人事 まずは“足場固め” ベテラン起用

政治・外交


菅氏は、二階幹事長を続投させるなど、自民党の役員人事を固めた。

15日から本格始動する「菅自民党」だが、党役員の布陣からは、菅新総裁の「まずは足場を固めたい」との意向が垣間見える。

菅氏はまず、二階幹事長と森山国対委員長を続投させる方針を固めた。

総務会長には佐藤勉元総務相を、政調会長には下村選対委員長をあて、そして下村氏の後任の選対委員長には山口泰明衆院議員を起用する方針。

総裁選で菅氏を支持した5つの派閥から、バランス良くベテランを起用しており、無派閥の菅新総裁として、まずは人事への不満により、出ばなで足をすくわれないための安定の布陣を狙ったといえる。

特に、佐藤・下村・山口の3氏は、菅氏と当選同期で、派閥に配慮しながらも、「仕事のしやすい」環境を整えた形。

新しい役員は、15日午後に記者会見を行う予定。

(FNNプライムオンライン9月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース