早期解散も考えるべき 麻生副総理

政治・外交


麻生副総理兼財務相は15日午前、衆議院の解散総選挙の時期について、「解散をどこでやるかは、内閣にとって極めて大事だ。早期解散も考えるべきではないか」と述べた。

麻生大臣は、「どの内閣でも新しく選ばれたとき、選挙の洗礼を受けていないと言われる」と自らの政権のときの経験に触れ、菅新総裁に対し、早期解散を検討するよう促した。

(FNNプライムオンライン9月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース