「アバター」が搭乗ゲートの対応 JAL x パナソニック

経済・ビジネス 技術


羽田空港の乗客への案内は、「もう1人のわたし」が行う。

“アバター”が搭乗案内?

日本航空の搭乗口で15日から始まった実証実験、「アバター式リモート案内サービス」。
パナソニックの技術を活用し、アバターを介して、リモートで搭乗客の案内などを行う。

アバターを操作するのは、別室のスタッフ。

リモートで搭乗案内ができるほか、利用客の質問にも、対面ではなく、遠隔地から答えてくれる。

「自宅などの遠隔地からでも、オペレーター業務ができる環境をつくりたい」という日本航空。

その狙いは...。

日本航空 デジタルイノベーション推進部・桑田陽介さん「深夜に及ぶような働き方などがあり、“仕事を続けるのが厳しい”とか、そういう社員がいないわけではない。働き方の選択肢が増えることによって、長く働き続けられる職場にしていきたい」

本来の目的は、多様な働き方を推進することにあったアバターだが、新型コロナウイルスの影響で高まる非接触ニーズにも対応できると期待している。

日本航空は、およそ2週間の実証実験を行ったうえで、導入を検討するという。

(FNNプライムオンライン9月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース