「国交正常化」文書に署名 イスラエルと中東2カ国

国際


アメリカのトランプ大統領の仲介で、国交正常化に合意したイスラエルとUAE(アラブ首長国連邦)、バーレーンが合意文書に署名した。

トランプ大統領「この合意は、地域全体の包括的な平和の礎になるだろう」

ホワイトハウスで15日、トランプ大統領の主催で署名式が行われ、イスラエルからネタニヤフ首相、UAEとバーレーンから、それぞれの外相が出席した。

パレスチナ問題で長年対立してきたイスラエルと国交を持つアラブ諸国は、これで4カ国となり、トランプ大統領は、中東地域での和平がさらに進むことに期待を示した。

トランプ大統領としては、11月の大統領選に向けて、外交成果としてアピールする狙いがある。

(FNNプライムオンライン9月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース