眞子さま 8カ月ぶり公務 「日本伝統工芸展」へ

社会 皇室


秋篠宮家の長女・眞子さまは、東京都内で開催された「日本伝統工芸展」を鑑賞された。

新型コロナウイルスの感染拡大により、行事の取りやめや延期が続く中、午前9時前、眞子さまは、東京・日本橋の百貨店を訪れ、2020年1月以来、およそ8カ月ぶりに皇居外での公務に臨まれた。

この展覧会を主催する日本工芸会の総裁を務める眞子さまは、距離を保ちながら説明に耳を傾け、自ら選定した福島県の作家による総裁賞の作品を見て、「会津の冬の厳しさがよく表れていますね」と感想を述べられたという。

(FNNプライムオンライン9月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース