菅政権が本格始動 選挙プランナーと朝食 解散は?

政治・外交


誕生から一夜明け、菅政権が本格始動。
早期解散について、早くも気になる動きがあった。

万雷の拍手で迎えられた菅新内閣の閣僚たち。

続投組の1人、小泉環境相があいさつで強調したのは、“菅カラー”だった。

小泉環境相「あしき前例主義などがあるとしたら、それを積極的に大臣室にあげていただいて、それを1つ1つ解消していこうではありませんか」

菅政権の発足から一夜明けた17日、菅首相の朝のルーティンに早速、変化が?

16日は、日課の散歩を議員宿舎近くで行った菅首相。

しかし、17日は、菅首相を乗せた車は、そのまま首相官邸の地下駐車場へ。
場所を新たに首相官邸の敷地内に移し、散歩を続けることにした。

しかし、本人の散歩姿は、なかなか見えない。

というのも、安全のため、散歩のルートは外から見えないところに限定。

官邸敷地内に生い茂る森や、地下通路などを歩いていたとみられる。

すると、木々の間から、わずかに“菅散歩”の様子をキャッチできた。

菅首相「“国民のために働く内閣”をスタートさせて、しっかりとした成果を上げて、国民の期待にお応えしたい」

防衛相を離任した河野行革担当相。
午後2時すぎ、前任の武田総務相から事務を引き継いだ。

また、菅首相からの指示を受け、早速、縦割り行政の弊害を通報する「縦割り110番」を自身のウェブサイト上に立ち上げた。

一方、内閣を去るのは、淡いピンクのスーツに身を包んだ、森雅子前法相。

検察官の定年延長問題をめぐっては、追及の矢面に立たされ、不用意な発言で謝罪したこともあったが、17日は一転、はずむような声であいさつすると、再登板となった上川法相に引き継ぎを行った。

そして、新官房長官として、初の定例会見に臨んだ加藤官房長官は、焦点の解散時期について...。

加藤官房長官「私どもの衆議院の任期が1年少々ということですので、当然そういったこと(解散の時期)は意識をされながら、足もとのコロナ対策等々をふまえながら、首相が判断されると思います」

実は、その解散を判断する菅首相が17日朝、ホテルでの朝食を共にした相手は選挙プランナー。

きたる解散・総選挙を見据えた情報収集とみられる。

はたして、首相が下す決断の行方は。

(FNNプライムオンライン9月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース