台風に負けず ブドウの収穫 栃木・足利市

社会


東京都心から2時間弱、栃木・足利市の山の斜面に広がるのは、ブドウ畑。

ここで造られるワインは、過去には、九州・沖縄サミットや洞爺湖サミットでもふるまわれた。

しかし、2019年の台風19号で、急斜面にあるブドウ畑は大きな被害を受けた。

あれから、およそ1年。
2020年も、ブドウの収穫にこぎ着けた。

傷んだ畑が以前のように戻るには、6~7年かかる見通しで、まだまだ完全に復興したとはいえない。

台風に負けなかったワイン。
これから、いよいよ生産の最盛期を迎えようとしている。

(FNNプライムオンライン9月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース