西日本~東日本 大雨警戒 台風12号

社会 暮らし


連休明けは、大雨に警戒が必要となる。
台風12号は、24日から西日本や東日本に接近するおそれがある。

太平洋側では、台風が接近する前から大雨となるところがあり、土砂災害などに警戒が必要となる。

台風12号は今後、やや発達しながら北上し、24日の夜から25日の未明に、関東から東海に接近、または上陸する可能性がある。

近畿から関東は、22日夜から23日にかけて断続的に雨が降り、台風が接近する24日の夜には、東海や関東で大雨が予想される。

その後、25日は、関東や北日本で雨が強まるおそれがある。

23日朝までの24時間に予想される雨量は、多いところで、近畿や東海で120mm。

さらに、23日朝から24日朝までは、多いところで、東海で200~300mm、近畿で100~200mm、関東甲信で100~150mmとなっている。

各地の雨と風のピーク。

近畿や東海では、23日朝から雨が強まり、24日には風も強まってくる。

関東甲信も、23日午後から雨脚が強まり、25日にかけて大荒れの状態が続く。

北日本は、25日ごろに雨と風が強くなる見込み。

土砂災害や河川の氾濫などに、厳重な警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン9月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース