台風12号 関東に接近へ 大雨が長引くおそれも

社会 暮らし


台風12号は、24日夜から25日未明にかけて、関東にかなり接近する可能性がある。

台風のスピードが遅いため、大雨が長引くおそれもあり、警戒が必要。

日本の南を北上している台風12号は、24日夜から25日未明にかけて、関東にかなり接近するおそれがある。

この影響で、秋雨前線の活動が活発になり、台風のスピードも遅いため、大雨が長引く可能性がある。

24日明け方までの24時間に予想される雨量は、東海や伊豆諸島で200mm、関東甲信で150mm、東北で80mmとなっている。

また、25日にかけて、さらに雨量が増えるおそれがある。

25日明け方までの24時間では、関東甲信で200mmから300mm、東北や伊豆諸島で100mmから200mm、東海では50mmから100mmと予想されている。

今後の台風情報に注意しながら、早めの備えが必要となる。

(FNNプライムオンライン9月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース