平沢復興相 菅内閣「基本方針」から「復興」消失を「たまたま」「字数の中で」と説明 被災地軽視を否定

政治・外交


平沢勝栄復興相は23日、菅首相と官邸で会談し、終了後に記者団の質問に応じた。

平沢大臣は菅首相から「平沢さんは福島の出身でもあるので福島・東北の人の心に寄り添って頑張って欲しい」と励ましを受けたことを明らかにした。
その上で菅首相の早期の被災地訪問について言及した。

記者団からは平沢大臣に、菅内閣の発足にあたっての「基本方針」で、安倍内閣では必ず盛り込まれていた東日本大震災からの「復興」が消えた点について質問が飛んだ。
平沢大臣は菅首相との会談でも話題にのぼったとした上で「たまたまそういうことになった。復興を軽視しているわけでは全くなく、最も重要な課題の1つだ」と強調した。
記者団からさらに「たまたまとはどういうことか」問われると「字数とか色々ある中でしたわけだけれど軽視したわけでは全くない」と説明した。
その上で、来年で東日本震災から10年が経過する中で、復興により力を入れていく意欲を強調した。

(FNNプライムオンライン9月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース