追悼の星条旗2万本 コロナで全米死者20万人超

国際 医療・健康


アメリカで新型コロナウイルスによる死者が20万人を超えたことを受け、ホワイトハウス近くで、追悼と抗議の思いを込めた星条旗2万本が立てられた。

アメリカ国内の死者数は20万1,000人を超えている。

2万本の星条旗は、追悼と抗議の意味を込めてホワイトハウスに向かって立てられ、多くの市民が訪れている。

追悼に訪れた女性は、「とても親しい友人を新型コロナウイルスで亡くしたの。ごめんなさい...だから、わたしも旗を立てに来た」と話した。

主催団体は、「トランプ大統領の不十分な対応により、多くの人々が命を落とした。政権は追悼のために何もしていない」と批判している。

(FNNプライムオンライン9月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース