コロナ警戒レベルは据え置きも…“GoTo”に上乗せ「都独自の割引」正式表明

政治・外交 社会 暮らし 経済・ビジネス 医療・健康

  • 感染状況・医療体制ともに上から2番目に据え置き・東京都モニタリング会議
  • 「都独自で割引」正式表明…“GoTo”併用で最大2万5000円助成
  • 小池都知事「親しき仲にもマスクあり」

警戒レベルを上から2番目に据え置き

東京都のきょうの新型コロナウイルス「モニタリング会議」では、感染状況については、新規陽性者数の7日間平均などは減少しているものの、連休で検査数自体が減ったためで、今後、急速に感染が拡大することへの懸念があるとして、警戒レベルを上から2番目の「感染の再拡大に警戒が必要」に据え置いた。

感染経路別では、ここ最近の傾向と変わらず全ての年代で家庭内感染が40%と最も多く、中でも10代以下は75.8%、特に10歳未満では80%が家庭内感染だった。一方で10代以下の保育園・学校など教育施設での感染は減少を続けており14.5%になった。

医療体制については「医療機関への負担が軽減することなく長期化している」として、こちらも先週と同じく上から2番目の「体制強化が必要」とした。

東京都医師会の猪口副会長は「私見ですが」と断ったうえで次のように続けた。
「私たち医療機関はいかに持ち込まないかということで生活を普段から感染しないよう徹底しているが、それでも施設に持ち込まれてしまうのが現実」

4連休は人出が戻った
4連休は人出が戻った

ある都庁幹部は、病院によっては今でも不要不急の外出を控えるように言われる等、医療従事者の現状を思うと、4連休で観光地が賑わう様子を「ニュース映像を見るたびに、複雑な気持ちになる」と話していた。

GoToトラベル事業に「都独自で割引」正式表明

今日はモニタリング会議後に小池知事は、国のGoToトラベル事業に、さらに都独自で割引を上乗せすることを正式に表明した。

助成額は一泊あたり5000円、日帰りについては1回あたり2500円で、GoToとの併用で宿泊については1人あたり最大で2万5000円の助成が可能となる。


国の事業との違いを小池知事はこう強調した
「今回都が補正に追加するのは都民が都内を観光すること。都の医師会が言っているマイクロツーリズムそのもの。国のGoToキャンペーンはオールジャパン」

そして、「親しき仲にも礼儀ありではないですけれども、親しき仲にもマスクあり」と感染予防の徹底を改めてよびかけた。


来月から経済対策が始まる中、ある幹部は「インフル流行前に下がるだけ下がってほしかった」として、感染者数が思ったより減らないうちに“次の波”を迎えることになる不安な胸の内を明かした。

「経済を重視すると言うことになると高齢者にいかに感染させないかということで、日頃の生活の中でそういう覚悟が必要」と東京都医師会の猪口副会長は会議の中でクギをさしたが、都民はその“覚悟”をもってのぞまないといけないのだろう。

(執筆:フジテレビ社会部 都庁担当 小川美那)

(FNNプライムオンライン9月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース