TDL新エリアお披露目 アトラクション、ショップも新予約制

経済・ビジネス 旅と暮らし


来週オープンするディズニーランドの新エリアが、報道陣にお披露目された。
新たな感染対策も導入される。

新エリアの大部分は「美女と野獣」がテーマになっており、映画に出てくる本屋や酒場も再現されていて、映画の世界に入ったような気分が味わえる。

高さ30メートルの城がそびえ立つ、映画「美女と野獣」をテーマにしたエリア。

城の中では、映画の曲に合わせて動くカップに乗り、ストーリーに沿って、名シーンをめぐることができる。

また、「ベイマックス」をテーマにしたアトラクションでは、そっくりなロボットが操縦する乗り物で、予測不能な動きを体験できる。

新たな感染対策として導入された「エントリー方式」と呼ばれる予約システムは、入園後に、アプリで希望する時間帯を選ぶもので、抽選の結果、体験可能となれば、指定された時間に利用できる。

レストランやショップなども予約制で、「密」を避ける狙いがある。

感染拡大の影響で、およそ半年間延期されていた新たな施設のオープンは、28日となる。

(FNNプライムオンライン9月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース