「飲酒をともなう懇親会」など避けて 政府分科会が提言まとめる

社会 暮らし 医療・健康


政府の分科会は、「GoToトラベル」に10月1日から東京を追加することについて、新型コロナウイルスの感染が拡大した場合は除外も含めた対応を求めるなどとしたうえで了承した。

分科会・尾身会長「感染がだんだん拡大して、いろんなところでひっ迫してくる医療なんかも。そうした場合には、イベントの中止、GoToトラベル事業を除外することなども含め、ちゅうちょなく行っていただきたい」

分科会では、全国でGoTo事業を行うにあたり、感染リスクが高い「大人数の飲酒をともなう懇親会」、「深夜までの飲食」、「休憩時間などのマスクを外しての会話」などを避けるよう提言した。

政府に対しても、年末年始に向けて、混んでいる時期や場所を避けて旅行をする「小規模分散型旅行」の推進のほか、感染が拡大した地域はGoTo事業からの除外も含めた対応を求めた。

また、政府の消費喚起策である「GoToイベント」、「GoTo商店街」についても、10月中旬以降に実施することが了承された。

(FNNプライムオンライン9月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース