東京で新たに144人感染確認 埼玉 フィリピンパブでクラスター

社会 暮らし 医療・健康


東京都で27日、新たに144人が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。

都内で27日、新たに感染が確認されたのは、144人で、年代別にみると、最多は20代の36人で、30代が32人、40代が20人などとなっている。

27日の重症者は、26日と変わらず、29人だった。

一方、一時、集団感染が相次いでいた、さいたま市内の繁華街で、新たなクラスターが発生した。

集団感染が確認されたのはフィリピンパブで、これまでに、従業員と利用客あわせて11人の感染が判明している。

また、兵庫・明石市の劇場で公演をしていた劇団員8人の感染が確認された。

明石市は、集団感染が起きたとみて、接触者を調べている。

(FNNプライムオンライン9月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース