トランプ大統領に抗議 最高裁判事に保守派指名

国際


アメリカのトランプ大統領が、連邦最高裁判所の判事に保守派の女性を指名したことに、一部の市民から反発の声が上がっている。

27日にワシントンの最高裁前に集まった市民は、「トランプ大統領は判事の指名よりウイルス対策を優先するべきだ」などと抗議の声を上げた。

9月に亡くなった最高裁判事の後任に指名されたバレット氏は、敬けんなカトリック教徒で、人工妊娠中絶や銃規制に批判的な保守派の判事として知られ、トランプ大統領の支持基盤に絶大な人気がある。

議会の承認を経てバレット氏が就任すれば、最高裁の判事は9人のうち保守派が6人と圧倒的に優勢となり、アメリカを左右する大きな問題をめぐり、下される判断に影響する可能性がある。

(FNNプライムオンライン9月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース