【速報】台湾漁船 海保巡視船と接触 尖閣諸島沖で

社会


27日、尖閣諸島の沖合で、海上保安庁の巡視船と台湾の漁船が接触した。

けが人はいなかった。

第11管区海上保安本部によると、27日午後3時すぎ、尖閣諸島沖の日本の領海内で、巡視船「くりま」と台湾の漁船が接触した。

この接触による、けが人はなく、船体にも大きな損傷はなかった。

台湾漁船が、領海内で違法操業していたため、巡視船は領海から出るよう、退去命令を出しながら、並走したという。

漁船は、領海内から出たということで、巡視船も通常業務を続けている。

これについて、加藤官房長官は28日午前の会見で、「事案の発生後、台湾側にしかるべき申し入れを行った」と明らかにしたうえで、政府として必要な調査を行い、適切に対応すると述べた。

(FNNプライムオンライン9月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース