トランプ氏 10年間“納税ナシ” 納税記録の開示拒否

国際


アメリカのトランプ大統領に、さらなる問題が浮上した。
過去15年のうち10年間、所得税を納めていなかったと、地元メディアが報じた。

ニューヨーク・タイムズが独自に入手した納税関連資料を元に報じたもので、経営する事業の損失を計上したため、過去15年間のうち、10年分の所得税を納めていなかったという。

また、大統領に当選した2016年とその翌年の納税額は、それぞれ750ドル、日本円でおよそ7万9,000円にとどまったとしている。

トランプ大統領は、これまで歴代大統領が慣例としてきた、納税記録の開示を拒否していた。

トランプ大統領「フェイクニュースだ。まったくのうそだ」

トランプ大統領は27日の会見で、報道を全面的に否定したが、「優秀なビジネスマン」というイメージが損なわれることは、11月の大統領選挙で手痛い打撃になる可能性がある。

(FNNプライムオンライン9月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース