半導体メーカー大手「キオクシア」上場延期 ファーウェイ規制で先行きに不透明感

経済・ビジネス


東芝から独立した半導体メーカー大手のキオクシアホールディングスが、上場延期を決めた。

スマホ向けのフラッシュメモリーなどを手がけるキオクシアホールディングスは、10月6日に予定していた東京証券取引所への株式上場について、28日の取締役会で、延期を決めたと発表した。

大口取引先の中国のファーウェイに対し、アメリカ政府が制裁を強めていることで、事業環境の先行きに不透明感が出ていることなどを受けたもの。

いつまで延期するかは、今後の動向を見極めたうえで判断する方針で、米中摩擦が、日本企業の経営戦略にも影響を及ぼした形となった。

(FNNプライムオンライン9月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース