千葉県内で停電 一時5万7000軒に影響 原因は送電線トラブル 復旧作業続く

社会


千葉県の佐倉市や八千代市などで一時、最大5万7,000軒以上が停電し、東京電力は28日午後2時現在、復旧作業を進めている。

午前10時すぎ、佐倉市や八千代市などで停電が発生し、街中では信号機が消えて、警察官が交通整理にあたるなどしている。

店も営業を休止するなど、一時、最大で5万7,000軒以上が停電し、午後2時現在でおよそ1万1,700軒が停電している。

停電の原因は、印西市内での送電線のトラブルとみられ、東京電力は順次、供給ルートの切り替えを行っていて、停電は間もなく千葉県内全域で復旧する見込み。

また、停電による鉄道への影響はないという。

(FNNプライムオンライン9月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース