リモートでも雑談できる仮想オフィスの可能性

経済・ビジネス 仕事・労働


働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

テレワークが広まる中、孤独感を解消するキーワードが「いま、ちょっといいですか」。

テレワークをしている男性。
そのモニター画面を見てみると、細かく仕切られた部屋の中に、たくさんの顔アイコン。

日立ソリューションズ ワークスタイルイノベーション本部・小山善直本部長「仮想オフィスが提供するのは『いま、ちょっといいですか』という、ちょっとした用事を済ませるためのコミュニケーション」

テレワーク中の“孤独感”を解消する新たなサービスとは。

神奈川・横浜市の自宅でテレワークをしているのは、日立ソリューションズで働く小倉文寿さん。

新型コロナウイルスの影響で、出社するのは月に1回程度。

ほとんどが在宅勤務になった。

小倉さんが働く日立ソリューションズでは、テレワーク向けの新たなサービスを提供している。

小倉文寿さん「実際にオフィスにどんな感じで人がいるか見ることができる」

これは、バーチャル上のオフィスに出社する仮想オフィスというサービス。

出勤すると、自分のアイコンが表示される。

アイコンをよく見ると、緑と赤で色分けされていて、小倉さんは「緑は『いま話しかけていいよ』という合図、赤は『いま忙しいので話しかけないでください』」と話した。

このサービス、緑の同僚の部屋をクリックすると、すぐに通話を開始できる仕組みになっていて、「いま話しかけていいか?」が一目でわかるようになっている。

小倉文寿さん「部下が来るときは仕事の話で、『ちょっとあの件... 』と仕事の相談が多い」

話しかけてよい状況を可視化することによって、テレワーク中にはハードルが高い「ちょっといいですか」が気軽に言えるという。

また、オフィスではよく見かける“あの光景も”...。

小倉文寿さん「運動不足を解消するすべを知りたい。皆さん何かやってます?」

同僚「最近、家の中で踏み台昇降はじめた」

小倉文寿さん「地味ですね!」

同僚「打ち合わせしながらやったり」

小倉文寿さん「打ち合わせしながらやるのか~」

顔を合わせたときの“ちょっとした雑談”も、仮想オフィス上に設けられた休憩スペースに集まって行われる。

小倉文寿さん「仮想オフィスを使うようになって、(オフィスの)ざわざわした感じが、感じ取れるようになった。意外とそれがあると安心するというのがこれを使って思った」

このサービスは、アメリカのスタートアップ企業が開発したもので、日本では8月から、日立ソリューションズが提供。

すでに、100件を超える問い合わせがきているという。

日立ソリューションズ ワークスタイルイノベーション本部・小山善直本部長「在宅勤務が毎日になっていくと、自宅で働いているときに、ものすごく不安感であったり、孤独感を感じるというところで、出社している様子が、その場でリアルタイムで見えるという日常感、そこが見えるという安心感があるんだと思う」

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース