今季一番の冷え 寒暖差に注意 季節外れの桜も!?

社会 暮らし


29日朝は、北日本を中心に、今シーズン一番冷え込んだ朝となった。

午後は秋晴れとなり、寒暖の差が20度を超えるところもあり、注意が必要となる。

29日朝は、全国的に晴れたところが多く、放射冷却が強まったことで冷え込んだ。

岩手・盛岡市では、最低気温が7.8度となり、街中には、厚手の服装で歩く人の姿が多く見られた。

街では「(家を出た時)めっちゃ寒いなと思いました」、「これくらい(の服装)でいいかと思ったけど、寒かった。風がちょっとしみる感じ」などと話した。

また、北海道・標茶町では、最低気温0.9度を観測したほか、山形市で9.9度まで下がり、北日本を中心に、今シーズンで一番の冷え込みとなった。

午後は一転、気温が上がり、北見市では、予想最高気温が25度と、朝と日中の寒暖差が20度以上になる見込み。

こうした中、長崎市では、季節外れの桜が咲いているのが確認された。

これは、台風などで葉が散ったあとに気温が上がると、桜が季節を間違えて咲く現象だと考えられる。

この先も、各地で秋晴れが続き、朝と昼の激しい寒暖差も続く見込みとなっていて、体調管理には注意が必要となる。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース