北方領土で軍事演習 ロシア側に抗議

国際 政治・外交


ロシア国防省は29日、北方領土の国後島と択捉島で、軍事演習を始めたと発表した。

海から上陸する敵を防ぐことを想定した演習で、1,500人以上が参加し、最新の無人航空機対応システムなどの兵器が使用されるとしている。

29日夜には、菅首相が就任後初めて、プーチン大統領との日ロ首脳電話会談を行う予定。

会談を前に、ロシア側が領有権をあらためて主張し、日本側をけん制した形。

加藤官房長官は記者会見で、ロシアが射撃訓練を実施したという報告があったと表明したうえで、「日本の立場と相いれず、受け入れられない」として、ロシア側に抗議したことを明らかにした。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース