世界初 画面が折りたためるパソコン 新しい働き方にも対応

経済・ビジネス 技術


世界初の折りたためるパソコンが登場。

レノボは、“小さく運んで、大きく使う”をコンセプトにした、ノートパソコンを発表した。

大画面で動画を見たり、2画面で同時に2つの作業をすることも可能で、日本にあるレノボの研究所が5年かけて開発したという。

レノボ大和研究所・塚本泰通ディレクター「新しいカテゴリーを創出して、日本のものづくりの力で、世界に(パソコンの)新しい使い方を発信していければ」

新型コロナウイルスの感染拡大で高まっている、リモートワークの需要も取り込みたい考え。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース