伊勢谷友介被告 このあと保釈 カメラの前で発言の可能性

社会


自宅で大麻を持っていたとして、逮捕・起訴された俳優の伊勢谷友介被告(44)について、東京地裁は保釈を認めた。

伊勢谷被告が勾留されている湾岸警察署から、フジテレビ社会部・石田真美記者が中継で伝える。

伊勢谷被告の保釈が認められたことを受け、伊勢谷被告が勾留されている東京湾岸署には、報道陣が集まってきている。

関係者によると、伊勢谷被告は保釈された際、カメラの前で、何らかの発言をする可能性が高いという。

東京地裁は30日午前、伊勢谷被告の保釈を認め、伊勢谷被告側は、保釈保証金500万円を納付したという。

このあと、伊勢谷被告は、東京湾岸署から保釈され、報道陣の前に姿を現すことになる。

伊勢谷被告は、29日に起訴されたあとに直筆の謝罪コメントを発表したが、30日に保釈された際に報道陣の前で、どのような発言をするのか注目される。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース