伊勢谷友介被告 まもなく保釈 保証金500万円納める

社会


自宅で大麻を持っていたとして、逮捕・起訴された俳優の伊勢谷友介被告が、まもなく保釈されるとみられている。

東京湾岸署前から、木村拓也キャスターが中継で伝える。

伊勢谷被告が、保釈保証金500万円を納付してから、2時間半ほどがたった。

東京の湾岸署には、たくさんの報道陣が詰めかけている。

先ほど、数を数えてみると、100人以上いた。

伊勢谷被告はすでに、手続き上保釈されているという。

手続き上保釈されているといっても、ただ、3階の留置場から今、別の部屋に移動して準備をしているとみられている。

先ほど、伊勢谷被告の担当の弁護士が、黒いキャリーケースを持って、中に入る姿が目撃された。

もしかすると、そのキャリーケースの中に、伊勢谷被告のスーツ、正装といった服に関するものが入っているのかもしれない、マスコミに対して、何かしら発言をするのかもしれないということで、準備をしている可能性が考えられる。

(もうまもなく伊勢谷被告は出てくる状態か?)
具体的に、どのタイミングで出てくるかというのはわからないが、ただ、関係者によると、伊勢谷被告は、報道陣に対して何かしら発言をするというふうにみられている。

過去をひも解いていくと、正面の玄関から出てきて、真ん中あたりのコンクリートのところで、マスコミ、報道陣に対して何かしら発言をしたり、あるいは、深々とお辞儀、謝罪をしたり、そういったことがあった。

なので、伊勢谷被告はどういった身なりで、それからどういった発言をするのか、注目される。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース