7年連続100兆円超 「概算要求」過去最大

政治・外交


2021年度予算の各省庁からの要求が30日に締め切られ、一般会計の総額は、7年連続で100兆円を超える見通し。

要求額が最も大きいのは、高齢化などで社会保障費が膨らんだ厚生労働省で、32兆9,800億円、防衛省も防衛力の強化で、5兆4,800億円と、いずれも過去最大を更新した。

新型コロナウイルス対策関連で要求額が明示されていない事業もあって、最終的な規模はさらに膨らむ可能性があり、財政状況は厳しさを増している。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース