白石被告 起訴内容認める 座間9人殺害 初公判

社会


神奈川・座間市で、男女9人を殺害した罪などに問われた白石隆浩被告(29)が、初公判で起訴内容を認めた。

白石被告は2017年、座間市の自宅アパートで、SNSで知り合うなどした男女9人を殺害した強盗・強制性交殺人などの罪に問われている。

初公判には、上下緑色の作業着を着て、肩より長く伸びた髪、めがね姿で出廷し、犯行について「いずれについても間違いありません」と起訴内容を認めた。

裁判の焦点となっているのは、被害者から殺害の同意を得た承諾殺人罪が成立するかについて。

検察側は、「殺害の承諾を得ていなく、単なる殺人行為」としたうえで、「証拠の隠滅を図るため、体の一部をごみとして捨てたり、頭部を自宅の部屋のボックスに入れて隠していた」などと指摘した。

これに対して弁護側は、「被害者9人には、自らの死を望む気持ちがあった。それに基づいてSNSでつながり、自らの意思で白石被告のところに行った」と主張した。

白石被告は審理中、首を傾けて目をつぶり、両足をだらっと伸ばした状態で座っていた。

傍聴した女性(20代)「反省している感じがあまりなくて、立ち方といいますか、あまり聞く態度ではないのかなと思った」

事件で犠牲になった福島県の女子高生の父親は、悲痛な思いを語った。

被害女性の父親「相手を簡単に死刑にしてもらいたくない。ずっと生きて、罪を背負ってもらいたい」

判決は、12月15日に言い渡される。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース