新型コロナ 順大練馬病院で40人感染 東京は新たに194人

社会 暮らし 医療・健康


東京都では、練馬区の大学病院で、新型コロナウイルスの感染者が40人確認された。

東京都で9月30日、新たに感染が確認されたのは194人で、年代別にみると、10歳未満から90代まで幅広く、施設や職場、家庭内などで感染が広がっている。

また、順天堂大学医学部付属練馬病院によると、医師や看護師、患者など、9月30日、新たに33人の感染が確認されたという。

この病院では9月28日、医師など7人の感染が判明し、感染源とみられる病棟の関係者全員を検査したということで、あわせて40人が感染したことになる。

全国では、あわせて577人の感染と7人の死亡が確認されている。

一方、10月1日から「GoToトラベル」に東京都が含まれることをふまえて、9月30日、成田空港では混雑を想定した訓練が行われた。

ソーシャルディスタンスを確保するために、1.5メートル間隔にマーカーが貼られているほか、検温や消毒など感染予防対策もしっかり行い、10月1日に備える。

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース