次世代型ライフスタイルホテル初出店 コロナで“国内客”にシフト

経済・ビジネス 旅と暮らし


次世代型ライフスタイルホテルが、日本初出店。

10月1日に開業する「アロフト東京銀座」は、マリオット・インターナショナルが、世界で25以上の国と地域に展開するホテルブランドの日本初出店で、モダンなデザインやアートに彩られた次世代型ライフスタイルホテル。

館内では、1階のバーラウンジで、新進気鋭のアーティストによる音楽ライブが定期的に行われるのも特徴。

会員に登録すれば、モバイルチェックインのほか、スマートフォンやスマートウオッチをルームキーにすることも可能で、テクノロジーに敏感な旅行者もターゲットにする。

アロフト東京銀座・小杉眞弘総支配人「開業前の計画では、すべての客の約80%が海外からのお客さま。(コロナ禍で)やはり国内のお客さまを、どういうふうに当ホテルに来てもらえるか戦略を変えていかなくちゃいけない。どういう形でステイケーションのパッケージを作っていくか企画を重ねている」

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース