伊勢谷友介被告 保釈 「申し訳ありませんでした」

社会


大麻取締法違反の罪で起訴された俳優の伊勢谷友介被告(44)が保釈され、深々と頭を下げた。

30日午後7時半、上下黒のスーツ姿で、報道陣の前に姿を見せた伊勢谷友介被告。

伊勢谷友介被告「ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした」

報道陣をまっすぐと見つめ、謝罪の言葉とともに、3秒ほど頭を深く下げた。

その後、すぐに迎えの車へと乗り込み、勾留されていた東京湾岸署をあとに。

9月8日、東京都内の自宅で、乾燥大麻およそ13グラムを所持していたところを現行犯逮捕。

29日に起訴された俳優の伊勢谷友介被告。

逮捕から22日たった30日、保釈金500万円を納付し保釈された。

29日に出した直筆のコメントでは「私は無責任極まりない甘さで、自分をそして自分と一緒に活動してくれている方々を、さらに世間の皆様を裏切ってしまったことを今、留置場にいて身体拘束を受けるなかで、噛み締めています。」と、留置場での心境を明かしていた。

伊勢谷被告は、大麻の所持については認めている一方、入手ルートについては黙秘しているという。

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース