東証で全取引停止 システム障害

経済・ビジネス


東京証券取引所でシステムトラブルが発生し、1日朝から、すべての銘柄の取引が停止している。

名古屋や福岡、北海道・札幌の証券取引所でも、同様に取引が停止していて、復旧のめどは立っていない。

1日朝から取引が停止している東京証券取引所では、午前11時半現在も、普段なら株価が表示されるはずのボードに何も表示されない状態が続いている。

東京証券取引所によると、株価など相場情報を配信するシステムに、何らかの障害が発生したということで、午前9時の取引開始から、およそ3,700あるすべての銘柄で売買を停止している。

復旧のめどは立っておらず、原因については、まだわかっていないという。

「外部からのハッキングではないと見込んでいる」としているが、全銘柄の取引停止は、2006年1月以来。

また、これにともない、名古屋・福岡・札幌の証券取引所でも、すべての銘柄の売買を停止している。

街の人は「ちょっと信じられなかった。個人的には、きょうでどうのこうのないので、全国的には大きな影響が出るのだろう」と話した。

証券会社では、顧客からの問い合わせに追われていた。

今後、復旧した場合は取引が殺到し、株価が乱高下する可能性もあり、企業や個人投資家への大きな影響が懸念されている。

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース